演目紹介

ねずみの嫁入り

あらすじ

 ねずみ村のチョロ吉とおはなちゃんは大の仲良し。
チョロ吉が仲間のねずみ達と相撲の稽古をするのを、いつも応援に来るお花ちゃんでした。

 ある日、みんなで相撲の稽古をしていると、天敵の猫が現れました。
ねずみ達は大慌てで隠れます。そこへ応援に来たおはなちゃん。
機転を利かせて間一髪でおはなちゃんを助けたのは、チョロ吉でした。

 おはなちゃんのお父さんはねずみ村の村長さんです。
優しいお母さんと共に、それはそれは大事に育てられ、
気立てがいい上に、料理も美味しく作れるようになりました。

 さて、その日の夕ご飯のときのこと。
美味しいみそ汁を作ったおはなちゃんに、「もういつでもお嫁に行けるね。」とお母さんが言うと、
「こんな可愛いおはなを仲間のねずみに嫁にやれるか。」とお父さんは反発します。
「じゃあ、誰ならいいんですか。」と詰め寄るお母さんに、
「そ、そ、それは~、お日様じゃ!」と苦し紛れに答えたお父さん。そして続けて言いました。
「お日様は世の中を明るく照らして下さる。そういう偉いお方ならおはなを嫁にやってもいいぞ。」
あっけにとられたお母さんは、「じゃあ、さっそく明日、お日様に会いに行きましょう!」と言って、さっさと旅の支度にかかります。
引っ込みがつかなくなったお父さん、次の朝、家族みんなでお日様に会いに行くことになりました。

 さて、おはなちゃんはお日様のお嫁さんになるのでしょうか?
続きは人形劇でお楽しみ。

ねずみの嫁入り 人物紹介

【チョロ吉】

優しい男の子。
今日こそおはなちゃんに
かっこいいところを見せるぞ!

【おはな】

村長さんの娘。
愛情たっぷりに育てられた、
明るい女の子。

【お父さん】

ちょっと頑固だけど、
家族思いのお父さん。
時々、空回りしている!?

【お母さん】

芯の強い、愛情深いお母さん。
家族を温かく見守っている。

【猫】

ねずみ達の天敵!

毎日、みんなで相撲の稽古!
切磋琢磨する良い仲間たち

TOP